ナチュラルキス ハートフル
natural kiss heartful



4 有意義な時間



「ほんと凄いわね」

沙帆子の隣に並んでいる千里が、半端呆れたように口にした。

いま、ふたりの目の前には、たくさんのよくわからないものが並んでいるわけで……

これらすべて、物理の実験に使われる器具らしい。

ここは、物理の第一準備室だ。
沙帆子と千里は、啓史にここに連れてこられて、作業の細かい指示を受けた。

指示された器具だけをきれいにすることになっている。指示されていない器具にはけして触れないようにと注意された。

この部屋の隣に第二準備室があり、そちらが啓史の私室らしいのだが、そっちは啓史と広澤と森沢の三人で掃除をしている。

いまも、ドア越しに彼らの話し声が漏れ聞こえてくるのだが、はっきりとは聞き取れない。

佐原先生の声が聞こえると、何を話しているのか気になっちゃうんだよね。

「それにしても、詩織と佐原先生のやりとり面白かったわね」

千里がくすくす笑いながら、潜めた声で言う。

沙帆子も思わず笑った。

詩織も、わたしたちと一緒がよかったんだろうけど……藤野と矢島のふたりと物理室の掃除をやるように、啓史から指示されたのだ。

詩織は、千里や沙帆子と一緒がいいとお願いしたのだが……

佐原先生ってば、詩織をじっと見つめて、『器具は高価だからな』と口にした挙句、『江藤、壊さない自信はあるか?』なんて、真面目に尋ねるんだもの。

それで詩織は、素直に啓史の指示に従い、物理室の掃除を引き受けたというわけだった。

「これ、なんなのかしら?」

器具の一つを手に取り、千里はしげしげと見る。

「なんなんだろうね?」

沙帆子も首を傾げてしまう。
すると千里は手に取ったものを元の場所に戻し、また別の器具を取り上げた。

「これとかも、まったく使用目的がわかんないわね」

「うん。どれもこれも謎の物体だよね」

千里に同意し、沙帆子は周りを見回す。

「それじゃあ、沙帆子、さっそく取りかかろうか?」

千里が声をかけてきて、沙帆子は「うん」と頷き、器具のひとつを手に取った。

「これって、よく見るけど……なんだっけ?」

「それは音叉でしょう」

「オンサ? これも物理の授業で使うんだろうけど……叩いて音を出すんだよね?」

「音波じゃないの。音の波を計測するとか」

「ははぁ。わかるような、わからないような……」

首を捻っているところにドアが開き、啓史が入ってきた。
彼は沙帆子を見て、彼女が手に持っている音叉を見る。

「佐原先生、この音叉って、どんな授業で使うんですか?」

「共鳴現象とか、ドップラー効果とかだな」

へっ?
共鳴現象ってのはなんとなくわかるけど、ドップラー?

「ドップラー効果って、どんなものなんですか?」

千里は興味津々で質問する。

「音は、近づいてくる時と遠ざかっていく時で音の高さが違ってくる。救急車のサイレンとかな。それがドップラー効果だ」

説明してくれた啓史は、沙帆子から音叉を取り上げ、あたりを見回す。

「たたき棒はどこだ?」

「たたき棒? 音叉を叩く専用の棒とかがあるんですか?」

「ああ。硬質の……ああ、あれだな」

啓史は棚に歩み寄り、たたき棒を取り上げて戻ってきた。

「軟質たたき棒もあるはずなんだが……まあ、いいか。片付けていればそのうち出てくるだろう……」

ひとりごとのように口にしていた啓史は、音叉を棒で叩き、沙帆子と千里の前をゆっくりと移動させた。

「あっ、ほんとだ。音が変化する」

沙帆子は思わず声を上げてしまった。

「これがドップラー効果ですか?」

千里が言うと、啓史は「そうだ」と答える。

「面白いですね。物理では、こういう実験をさせてもらえるんですね?」

「ああ。世の中に普通にあるものが、こういう実験をすることで、見る目が変わってくる」

確かに、いまのちょっとした実験一つで、沙帆子もわくわくしてしまった。

「さあ、実験は終わりだ。作業に戻ってくれ」

「わかりました」

「了解です」

優等生の返事をした沙帆子と千里は、それぞれ乾いた布で器具のほこりを払い始めた。

啓史は行ってしまうのかと思ったら、沙帆子たちに触れないようにと指示した器具を、自分できれいにし始めた。

黙々と作業を続けていたが、千里が口を開いた。

「それにしても、どれもこれもずいぶんほこりにまみれてますね。長いこと使ってないみたい」

「使っていなかったんだろうな」

啓史は答えてくれたが、彼の意識は、自分がいま磨いている器具に向けられているようだ。それは円形の透明なガラスで、時計みたいなのとか、他にも色々とくっつている。

いったいなんなんだろうなぁ?

啓史に聞いてみようかと思ったが、千里がさらに会話を続ける。

「でも、必要なものだから揃えてあるじゃないんですか?」

「俺は色々使うぞ。実験楽しみにしててくれ」

啓史が楽しそうに言い、沙帆子の胸も弾んでしまう。

「はい。楽しみにしています」

化学の実験も、とても面白かったんだよね。

時間がきてしまい、もちろん掃除は終わらなかったけれど、今日のところは終わりということになった。

「俺は森沢と広澤に声をかけてくる。お前たちは物理室に戻っていてくれ」

啓史はそう言って、自分の第二準備室に入っていった。

正直なところ、啓史についていきたかった。

これから先生の部屋になるところだし、見たいんだけどなぁ。

啓史の雰囲気から、どうも沙帆子たちには見せたくないみたいに感じた。

「沙帆子、入りたかったんでしょう?」

からかうように千里から聞かれ、どうにも頬が染まる。

「そっ、それは……まあ、そうだけど。……なんか、先生わたしたちを入れたくないみたいだったし……」

「まだ片付いてないからじゃない」

「そういうことなのかな?」

「よっぽど汚かったのかもしれないよね」

「そうなのかな?」

「物理室も、ここもひどい汚れようだったし……」

「でも、物理室の掃除は生徒がしてるでしょう? 化学室だってそうだし……」

「好きな先生が担当している教室は、生徒もきれいにするけど、そうでない場合は手を抜いちゃったりするのかもね」

「ああ、なるほど」

納得させられ、つい頷いてしまう。

もちろん、どの教室だってしっかり掃除をするべきだけど……

「教師がもっときれいに掃除をするように指導すれば、生徒もちゃんと動くんだろうけど……そういうこともなかったってことよね」

沙帆子は物理の教諭を思い浮かべた。

きりりとした先生ではなかったかな。

「けど、これからはどこの教室よりもきれいになるんじゃないの。佐原先生の教室になったんだもの」

千里は沙帆子を見て、笑いながら言う。

そうだといい。

そのときドアが開き、森沢が顔を出した。

「集合だぞ」

「ああ、ごめん」

千里が返事をし、ふたりは森沢と物理教室に戻った。

物理教室は、かなりきれいになっていた。

詩織たちはそうとう頑張ったようだ。

「助かった。みんなありがとう」

「佐原先生、ここはきれいになったようだけど……向こうはまだまだ」

広澤が第二準備室のあるほうを指して言うと、千里も口を挟む。

「第一準備室のほうも、まだまだ終わりそうにありませんよ」

「うん。次も掃除だな。部の活動は、掃除が終わってからってことに……」

森沢がそう口にしていると、啓史が森沢の肩に手を置いた。森沢は口を閉じて啓史に顔を向ける。

「掃除ばっかりさせてたら、嫌になって退部するやつが現れるかもしれないぞ」

啓史から苦笑しつつ言われた森沢は、なぜか藤野を見る。

「辞めないよな?」

「な、なんで僕だけに聞くんだ?」

藤野は慌てたように聞き返す。

すると場が笑いで湧き、藤野が顔を赤らめた。

「俺だけ部外者のような気がして、落ち着かないんだけど……」

藤野の俯きながらの発言に、森沢が慌てた。

「悪い悪い。そんなつもりじゃなかったんだ。けど、強引に勧誘したから……もちろん、いまさら君が辞めるとは思っていないぞ」

へーっ、森沢君、藤野君を強引に勧誘したんだ?

けど、どうして藤野君を?

矢島君同様に、彼もロボット開発部に役立つ人材なのかな?

きっとそうなんだろう。

そんなわけで、ドキドキだった部活の第一日目は終わった。

啓史と一緒に器具を磨いたりして、沙帆子にとってはとても有意義な時間だった。

物理の器具を丁寧に磨いている啓史を見られたのも、音叉を使ったちょっとした実験も、沙帆子にとっては楽しいばかりだった。

そういえば……あの実験って、なんて言ったっけ?

えっ、えーっと……ほにゃらら効果……あ、あれぇ?

せっかくの夫の特別の教えだったというのに、残念なことに、新妻の頭からはすっかり消え失せてしまっていたのであった。





つづく



   
inserted by FC2 system